メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

サーフィン

アンカーポイント
サーフィン

台東金樽で波に乗ろう

台東台11東部海岸線は沿路美しい風景が広がり、海岸の楽園です。青い海と空は紺碧のシルクロードのように、広大な海浜とピュアな海水を従え、サーフィンに最高の環境で、内外のサーファーに「サーフィンパラダイス」と呼ばれています。

情報

東部海岸線の長浜、成功、東河鄉一帯は豊かな珊瑚礁の海が広がります。これら沿岸の波は、大きさといい形といい、どこにも負けない条件を揃えており、「アジアン・サーフィン・チャンピオンシップ(Asian Surfing Championship、ASC)」にアジアで最も新しいサーフィンコンペの会場に選ばれました。東海岸の八仙洞海岸、烏石鼻、宜湾、成功鎮海岸、都歷、東河河口、金樽湾、興昌、花蓮県の磯崎等は、サーファーのパラダイスとして知られています。中でも東河から長浜一帯は、大陸棚が50~60mにわたり広がり、緩やかな海底地形が安定した波を作るため、サーフィンに最適です
秋から冬にかけては、東北の季節風が吹くため波が立ち、サーフィンにぴったりの季節です。冬や連休には台湾全島からサーフィン愛好家が集まり、ピュアな海と空に浸り、刺激的で情熱的な波に挑みます。2008年より台東県東河鄉金樽漁港の周辺海岸では「東海岸国際サーフィンコンテスト」が每年開催されています。これに加え、2011年からは「国際サーフィン招待コンテスト及び公開競技」が開催され、台湾にサーフィンブームを巻き起こしました。これにより、東海岸のサーフィンイベントはさらに盛んになり、国際的知名度もアップしました。

  • 旅行に適した時期 一年中サーフィン可。大陸棚が50~60m伸びている東河から長浜一帯では、秋から冬にかけて東北の季節風が吹くため波が立ち、サーフィンにぴったりです。
  • 気候 夏の平均気温は17~29度、冬は16~20度ですが、夏の日中は30度以上の高温になることも多いので、紫外線対策と水分補給には特にご注意ください。8~10月は台風の季節です。サーフィンをなさる方は気象情報に特にご注意ください。
  • ウェブサイト 国際サーフィンコンテスト

 

絕品海岸

絕品海岸

台湾本島右側に位置する台東県は、全国最長176kmの海岸線、緑島と蘭嶼という二つの離島を擁し、海と関わるレジャーとエクストリームスポーツにおいて発展の潜在力を秘めています。完全な自然と景観を残す台東は、台湾の「後花園(裏庭)」或いは「最後のピュアな地」と呼ばれており、サーファーにとっては台湾最高のサーフィン環境を持つ地です。きれいで澄んだ海はサーフィンに持って来いで、オーストラリア、米国のサーファーも訪れています。
台東は「アジアン・サーフィン・チャンピオンシップ」(ASC)にアジア最新のサーフィンコンテスト会場に選ばれ、マレーシア、バリ、タイ等に続き、台湾はアジアの第六ステージとなりました。将来はソフトとハード両面のサービスを強化し、台東海岸をアジア有数の海洋レジャー/リゾートとしていきます。

東海岸国際サーフィンコンテスト

東海岸国際サーフィンコンテスト

2008年より每年、台東県東河鄉金樽漁港の周辺海岸では「東海岸国際サーフィンコンテスト」が開催されていますが、2011年からは「国際サーフィン招待コンテスト及び公開競技」が加わりました。コンテスト部門は男、女のロング、ショートボードクラス、青少年クラス、ベストアクションクラスに分かれ、賞金総額30万元を争います。ジャッジはオーストラリア、インドネシア等から招き、ASC国際サーフィン組織に、五つ星レベルコンテストに認定されています。去年は延べ100人余りの日本、南アフリカ、オーストラリア、カナダ、台湾の選手たちに、1000人を超える観衆が声援を送りました。サーファーのみなさん、この国際コンテストをお忘れなく。

サーフポイント

サーフポイント

烏石鼻と東河一帯の海域は砂浜地形なため、比較的安全なサーフポイントです。東北の季節風が吹く頃と夏休み時期には良い波が立ち、初心者にも向いています。周囲にはサーフショップがあり、サーフボードレンタルとサーフィンレッスンを受けることができ、サーフィンの爽快感に親しむことができます!
八仙洞、成功一帯のサーフポイントは定点的に波が立つ岩礁地形に属し、波の形が理想的で速いため、上級者向きのチャレンジングなスポットですが、海岸の岩で怪我しないよう、海に入る時は注意が必要です。地形が危険な部類に入るため、初心者は先ず経験豊富なサーファーのアドバイスを受けるようにしてください。

その他ツアー

Top