メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

熱気球

アンカーポイント
熱気球

夢を乗せて空へ

熱気球が空に上っていく様子は、見ている人に無上の幸福感をもたらしてくれます。熱気球がゆっくりと上昇していく光景を目にした瞬間、希望、夢、自由が、心の壁を破り、熱気球といっしょに飛び立ちます。さまざまな国からやって来た人たちだれもが、この喜びと興奮に満ちた雰囲気の中で一つに融け合うのです。

バルーンフェスタ

情報

熱気球は1783年にフランスのモンゴルフィエ兄弟により発明されました。麻布に紙を貼り作られたバルーンに熱した空気を注入し、1000m上空に約10分間留まることに成功したのです。さらに同年、二人の発明家が、熱気球の有人飛行を行い、人類は初めて青空を飛んだのでした。それから100年余りを経た今、熱気球は成熟した技術となり、米国、オーストラリア、日本、インド等では早くから標準的な航空機として認知されています。
九州佐賀市は、熱気球イベントを30年余りにわたり開催しています。全くのゼロからのスタートでしたが、今では熱気球は地元の人にとって生活の一部となっています。每年11月に開かれる佐賀世界熱気球大会(Saga International Balloon Fiesta)には、さまざまな珍しい形の熱気球が参加し、わずか一週間の短い会期に80万もの人が訪れます。

  • 旅行に適した時期 熱気球の飛行時間は気流が比較的安定した早朝と夕方に集中しています。熱気球は風向、風速、温度、熱対流等たくさんの不可抗力に左右されるため、空に浮かぶ熱気球が見られるのは、非常に貴重な体験なのです。
  • 気候 七、八月の鹿野高台には台風が来襲する可能性があります。また熱帯の太陽が強烈に照り付けるため、搭乗の順番待ちの際には必ず日焼け止めをご用意ください。
  • ウェブサイト バルーンフェスタ

 

バルーンフェスタ

バルーンフェスタ

臺灣國際熱氣球嘉年華已邁入第七年,累積超過百萬人次的熱氣球迷前來共襄盛舉,每年夏天在鹿野高台升空起飛的熱氣球,不僅為臺東天空帶來美麗繽紛的色彩,也吸引到了全世界的旅人透過這樣一個夢幻的載具飽覽臺東美景,是全世界活動期程最長的熱氣球活動。

飛行の季節─係留フライト体験

飛行の季節─係留フライト体験

毎年夏、台東ではさまざまなイベントが開催されます。中でも鹿野高台「バルーンフェスタ」の係留フライト体験は観光客に大人気。わざわざ海外へ行かなくても、係留された熱気球に乗り込み、上空へあがる係留フライト体験が台東で楽しめます。フライト体験は午前と午後の二回開催されますが、午前の方が気流が安定し、写真もきれいに撮れるため、深夜から列に並ぶファンもいるほどです。長い時間並んでようやく搭乗できる熱気球。希望、夢、自由が熱気球といっしょに飛び立つ瞬間、それだけの価値があると思わせてくれます!

もっと見る
風にのって飛ぶ‧鹿野を自在に

風にのって飛ぶ‧鹿野を自在に

鹿野高台は海抜約350m。左に中央山脈、右に海岸山脈を擁し、絶好の眺望を誇ります。鹿寮溪と卑南溪が交わる様、縦谷大地の河川の風光、緑の野原を俯瞰でき、緑滴る茶園の風景は目に優しく心を伸びやかにしてくれます。
高山に囲まれ風向が安定している鹿野は、台東県内ではさまざまなフライトに最適な場所で、多くの飛行愛好者が訪れます。中でも、福鹿山荘前方のポリウレタンを敷いたパラグライダー練習場では、色とりどりのパラグライダーが天空を舞う美しい光景が見られます。
每年七、八月、夏の南風が吹く頃は、熱気球とパラグライダーに最適な季節です。光栄路と県樹大道にある茶園区域は最適な観賞地点です。

その他ツアー

Top