メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

アートの美

アンカーポイント
アートの美

文化の宝庫

台東市は古くは「宝桑庄」と呼ばれ、卑南族と阿美族が定住していましたが、清代に福建人と平埔族が入植しました。後に枋寮の閩南人が原住民と交易するため移住し、台東地区で初めての漢族集落が形成されました。「宝桑」には台東各地の芸術文化が集まり、好運なことに自然が豊かな台東には、各民族の文化が完全な形で残り、独自に発展し、平和に共存しています。ここは文化と芸術の息吹に満ちた土地なのです。

  • 鉄花村

    鉄花村

    鉄花村音楽集落ではロマンチックな夜をお過ごしください。歌い手達のナチュラルで生き生きしたパフォーマンス、クリエイティブバザール。どれもシンプルな生活態度で、台湾で最も美しい音色を伝えています。

     
  • 台東鉄道芸術村

    台東鉄道芸術村

    80年の歷史を誇る台東旧台鉄駅は、日本式鉄道文化の素朴な風貌を完全に保存しています。ここが化粧直しの末、鉄道芸術村に生まれ変わりました。古びた記憶に新たな芸術の命を吹き込み、空間と人との関わりを活発にします。ここは文化的雰囲気を備えた観光スポットです。

    • 開放時間 公園一日中開放 各倉庫の営業時間:火曜~土曜10︰00~17︰00
    • 住所 台東市鉄花路369号
    • 番号 089-320378
     
  • 台東故事館

    台東故事館

    かつては地政事務所だった二階建て建築。一階は書店とカフェ、二階の一部が台東故事館の展示場となっています。書店では每年、台東の著名人をテーマとした展示イベントを10回開催し、鄉土の人物の生き様により、台東精神にスポットライトを当てています。

    • 開放時間 11︰00~21︰00;土曜、日曜 11 : 00~22 : 00;火曜 : 休館
    • 住所 台東市博愛路478号
    • 番号 089-346203
     
  • 台東美術館

    台東美術館

    山と海をコンセプトに設計され、台東の天然資源への賛美を秘めています。エリア内は「山歌」と「海舞」の二大展覽館に分けられています。純芸術と実際に触れられる展示方法を採り、芸術と交流し学ぶことができる文化の殿堂となっています。

    • 開放時間 火曜~日曜9 : 00~12 : 00、13 : 30~17 : 00、月曜及び国民の祝日:休館
    • 住所 台東市浙江路350号
    • 番号 089-330252
     
  • 宝町アートセンター

    宝町アートセンター

    宝町は日本統治時代の旧地名。宝町アートセンターは当時の町役場の職員官舎を改修したもので、アート作品の展示と講演スペースが設けられています。屋外広場には、それを囲う壁はなく、開放的な空間はコミュニティと一体に融合し、芸術のショーケースとしての役割を果しています。

    • 開放時間 火曜~日曜9 : 00~12:00、14 : 00~17 : 00入場無料、館舍の一部は開放に要予約
    • 住所台東市中山路184号
    • 番号 089-340407
     
  • 台東パフォーマンスアート館

    台東パフォーマンスアート館

    鉄道芸術村付近の台東パフォーマンスアート館は、人目を惹く建物の外観が、人に強烈な第一印象を与えます。完璧に揃った設備を持ち、台東地区では特筆に価する小劇場で、地元のアート創作スペースでもあります。

     

文化類其他遊程

Top