メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

国立台湾史前文化博物館

アンカーポイント

人気2066

台湾東部初の国国家レベル博物館「国立台湾史前文化博物館」は卑南文化遺跡の発掘により設立されました。博物館には国際的な建築デザインと多様な展示品が陳列されています。室外エリアも設置され、モアイや広い芝生も旅客に大人気です。
博物館内の所蔵作品展は三つのメイン展示スペースに分け、「台湾史前歴史エリア」には百年に渡り発掘した考古学的発見が展示され、「オーストロネシア南島エリア」は南島オーストロネシア語族の視点から太平洋文化と世界文化の連携を見る、「台湾自然歴史エリア」では、台湾の誕生、氷河期、新生代と三つの展示スペースによって台湾の自然歴史を触れ合うことができます。
「探索館」には設備が完備され、台湾原住民族のアーティストが創作した美術作品が展示され、絵や絵本、ゲームを通して公共施設と連携し、ご家族で史前文化と原住民文化に触れ合えます。
台東に来たら、必ずに行きたいスポットである史前文化博物館。考古学的遺跡の文物がメインですが、アートの作品や現在の様々なテーマと連携し、遺跡と現代生活をリンクさせ、親身に感じて楽しめます。
特に古代文物をモチーフした「人獸形玉玦」がかわいらしい形で子供たちに愛され、台湾史前文化にもさらに興味を持つようになります。

観光スポット情報

電話 +886-89-381166

住所 台湾台東県台東市豊田里博物館1号

料金/入場券 ぜんぴょう:100円、だんたいひん:80円、ゆうたいひん:60円

関連リンク Facebookのファングループ 公式サイト

施設

  • 展示ホール
  • 販売
  • 公衆電話
  • 駐車場
  • 公衆トイレ
  • 解説ブリーフィング

交通情報

Top