メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

大武アブラスギ生態保護区

アンカーポイント

人気215

大武山自然保留区は範囲が広大で、達仁鄉の山地の一部もその中に区画されています。標高が高い新化原住民部落内には台湾アブラスギ生態園区があります。台湾アブラスギは冰河時代の生き残りで、台湾の特有種です。ここの台湾アブラスギは最も古いもので、樹齢千年以上と推定されており、パイワン族の人々に御神木として崇められています。現在その姿が見られるのは、北部の坪林と南部の大武だけで、台東ソテツ、台湾イチイ、台湾ナツメヤシと合わせて、台湾四大奇木とされ、希少植物に指定されています。大武から都玄天宮方向へ向い新化原住民部落へ入るには、入山証の申請が必要でで、また非常に長い山道を通る必要があります。山に入った後も3時間余り歩かなければアブラスギ保護区に到着することはできません。時間はかかりますが、貴重な自然の生態が観察できる素晴らしい地です。

観光スポット情報

施設

  • トレイル
  • 解説ブリーフィング

交通情報

Top