メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

紅葉少年野球記念館

水曜日:店休

アンカーポイント

人気1418

1968年8月、延平鄉紅葉村のプノン族少年により構成された紅葉少年野球チームが前年の世界チャンピオン、和歌山少年野球チームを7対0の大差で破り、見事勝利を飾りました。この快挙は台湾少年野球の新世紀を開き、また紅葉村は台湾少年野球発祥の地となりました。紅葉少年野球記念館には、紅葉少年野球チームが資源が乏しい中、いかにして困難に打ち勝ち、練習に励み、台湾に栄光をもたらしたかが記録されています。一階には陶磁の貴重な写真、道具、トロフィー、新聞の切抜きが展示され、二階にはプノン族の農具と装飾品等文物が飾られています。傍らの紅葉国民小学校運動場には投球体験場があり、楽しみながら学ぶことができます。

観光スポット情報

施設

  • 展示ホール
  • 解説ブリーフィング

交通情報

Top